FC2ブログ

ダイエットを無理してない? 恐怖のリバウンドの原因と対策

2020050218040855e.jpeg

せっかく努力して痩せることができても、すぐにリバウンドしてしまうと、ガッカリしてしまいますよね……!
リバウンドは、ダイエットの天敵!
今回は、リバウンドしにくいダイエット方法などをご紹介します♪

ダイエットにつきものの「リバウンド」

ダイエットを成功させるにあたって、必ず障壁となると言っても過言ではないのが「リバウンド」。

リバウンドとは、ダイエットを終えた後や半ばに、元の体重に戻ってしまったり、元の体重以上に太ったりしてしまうことです。

健康的に、正しいダイエット方法を実践しなかった場合には、リバウンドしてしまうリスクが高くなります。

リバウンドをして、またダイエットをして痩せるも、またまたリバウンドをしてしまうなど、リバウンドを繰り返してしまう人も中にはいるそう……。

そうした方は、痩せにくく、太りやすい体質になりかねません。
ダイエットの方法や取り組み期間に注意が必要ですね。

リバウンドしてしまう原因①水分

最近、女優やモデルなどが実践し、真似して実践する人が増えた、水分だけダイエットをご存じでしょうか?
文字通り、水分だけで過ごすというダイエットです。

正しい方法で、半日や長くても1日間だけ行うと、デトックス効果やリンパの流れが良くなることに期待できるのだそう。
また、消化器官を休ませられるなど、体をリセットするのに有効なダイエット方法なんです。

しかし、1日以上期間を継続させたり、やり方自体を間違えてしまったりすると、逆効果になりかねません。
さらに、水だけで過ごすため、栄養失調や水中毒になる恐れも……!

摂取する栄養素が極端に少ないため、痩せるスピードは早いものの、その後は少しでも入ってきた栄養素を蓄積しようと体が反応してしまうため、脂肪がつきやすく、太りやすい体になってしまうそう……。

水だけダイエットを実践する際は、具合が悪くなって倒れてしまったり、リバウンドしたりといったことを防ぐためにも、正しい方法で行うようにしましょうね♪

リバウンドしてしまう原因②ストレス

ダイエットをしていると、ストレスを感じる方も少なくないと思います。

しかし、ストレスを理由についつい過食してしまうと、ダイエットどころか、体に悪影響を与えかねません。

そこで、ストレスを少しでも減らす方法を以下でいくつかご紹介します。

◆他人と比べないようにする
体格や体質は、人それぞれ異なるものです。
そたのめダイエットの経過や体型を他人と比べてしまうと、「あの人と同じことをしているのに、なぜ痩せないの!?」など、不満や焦りからストレスを感じてしまいがちに。

現代はSNSなどで、気軽に個人の私生活を発信できるようになっていますね。
逆に他人の情報も得やすく、そういったストレスを感じてしまうものなんです。

また、友達と一緒にダイエットに取り組むにあたっても、その効果や経過を比べてはいけませんよ♪
心当たりのある方は、早速頭の中を切り替えてみてくださいね。

◆無理なダイエットはしないようにする
急に激しい運動をし始めたり、極端に食事量を減らしたりといった無理なダイエットに取り組むと、長く続かない可能性が高まります。
また、リバウンドをしやすい傾向にあるのだそう……!

ダイエットをする際は、少しずつ、無理をせずに行うようにしましょう!
20200502180409313.jpeg
自宅で簡単オンラインダイエット
https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_1315_1.gif" title="ダイエットランキング"></a><br><a href="//blog.with2.net/link/?2036584:1315" style="font-size: 0.9em;">ダイエットランキング</a>" target="_blank">
ダイエットランキング
スポンサーサイト



自宅で簡単に歯を白くする方法5選・NGケアまとめ

笑った時に見える白い歯は誰もが憧れるものです。これを自宅で簡単に手にいれられるとしたら嬉しいですよね。では、好きな時間に好きな場所で出来るホワイトニング方法とはどんなものがあるのでしょうか。今回は、「いろいろな種類があってよく分からない」なんてお悩みの方のためにまとめました。また、アメリカと日本のホワイトニングケアの違いややってはいけないNGケアも一緒に紹介します。

この記事の目次

1.自宅で簡単にホワイトニングケア

自宅デンタルケアhttps://shinbi.empower-column01.com/wp-content/uploads/2016/11/pixta_28082371_M-300x200.jpg 300w, https://shinbi.empower-column01.com/wp-content/uploads/2016/11/pixta_28082371_M-768x512.jpg 768w, https://shinbi.empower-column01.com/wp-content/uploads/2016/11/pixta_28082371_M-30x20.jpg 30w, https://shinbi.empower-column01.com/wp-content/uploads/2016/11/pixta_28082371_M-304x203.jpg 304w, https://shinbi.empower-column01.com/wp-content/uploads/2016/11/pixta_28082371_M-282x188.jpg 282w" sizes="(max-width: 1024px) 100vw, 1024px" style="border-style: initial; border-color: initial; border-image: initial; font-style: inherit; font-variant: inherit; font-weight: inherit; font-stretch: inherit; font-family: inherit;">

1-1 歯のマニキュアを使う

根本的に白くするわけではありませんが、塗料を歯の表面に塗り、白くしていく歯のマニキュアであればその場で白くすることが出来ます。例えば銀歯や差し歯、神経のない歯など、ホワイトニングで白く出来ない歯でも、上から色を乗せることで歯の色を白く出来るのが特徴です。市販の歯のマニキュアであれば値段も安価で、手軽に試せますよね。

1-2 美白効果のある歯磨き粉を使う

自宅で行う方法としてはとても簡単で手軽なものです。ホワイトニング薬剤などと比べると、安全面を配慮してあまり強い成分は入れられませんので白くなるまでに時間がかかることもあります。市販の歯磨き粉を選ぶなら「ピロリン酸ナトリウム」など、汚れを浮かせて洗い流す作用のある成分が配合されたものを選びましょう。 

電動歯ブラシhttps://shinbi.empower-column01.com/wp-content/uploads/2016/11/pixta_1473732_M-300x201.jpg 300w, https://shinbi.empower-column01.com/wp-content/uploads/2016/11/pixta_1473732_M-768x514.jpg 768w, https://shinbi.empower-column01.com/wp-content/uploads/2016/11/pixta_1473732_M-30x20.jpg 30w, https://shinbi.empower-column01.com/wp-content/uploads/2016/11/pixta_1473732_M-304x203.jpg 304w, https://shinbi.empower-column01.com/wp-content/uploads/2016/11/pixta_1473732_M-282x189.jpg 282w" sizes="(max-width: 1024px) 100vw, 1024px" style="border-style: initial; border-color: initial; border-image: initial; font-style: inherit; font-variant: inherit; font-weight: inherit; font-stretch: inherit; font-family: inherit;">

1-3 水流洗浄が出来る電動歯ブラシでケア

歯磨き粉がいらない、水流洗浄の電動歯ブラシであれば歯の細かい凹凸や歯のすきま、歯茎の間などを綺麗に出来ます。歯ブラシの毛先が細いものよりもっと狭い場所に入り込んで汚れを落としてくれるのがメリットです。その洗浄力の高さから歯磨き粉も必要ありません。茶渋や着色を定着させづらくするだけでなく、虫歯や歯周病予防にもなります。 

1-4 歯ごたえの良いものを食べる

リンゴやセロリ、ニンジンなどの生野菜や果物に含まれる食物繊維は、自然の研磨剤としてエナメル質を傷つけずに、歯の汚れを落としてくれる効果があります。また、リンゴは歯を綺麗にするリンゴ酸が含まれるスーパーフルーツです。歯垢や着色がつく予防効果も期待できます。

1-5 ホームホワイトニングで白くする

歯医者さんでホワイトニング専用のマウスピースを作ってもらい、専用ジェルを用いて歯を白くするのがホームホワイトニングです。カウンセリングは歯医者さんでしてくれるのでホームホワイトニングのやり方や注意点などもしっかり教えてくれて安心です。

薬剤は何種類かあり、希望の白さや、施術期間、頻度やお口の中の状態によって合うものを選んでくれます。薬剤がなくなったとしてもその都度歯医者さんで購入出来ます。

2.アメリカのホワイトニングケアとは

アメリカでは歯の綺麗さが日本よりも重視されている傾向にあります。歯のホワイトニングも一般的に行われている方法です。アメリカは、日本と比べてキスやハグを日常的に行い、人との距離がとても近いからというのが理由のひとつとされています。そのため歯の綺麗さはマナーとなっているのです。

アメリカではもっと手軽に強いホワイトニング剤が購入出来ます。日本であれば歯医者さんでしか処方・施術出来ない過酸化水素や酸化尿素10%以上のホワイトニング剤も、アメリカだとスーパーなどで市販されているのです。

その分アメリカではホワイトニングがとても身近なもので、自宅でホワイトニングケアしている人がたくさんいます。ホワイトニング剤を購入することはオシャレやファッションのひとつなのです。

2-1 ホワイトニングテープ

1日1度、歯の表面に専用のテープを貼ることで気軽にホワイトニングが出来るのがホワイトニングテープです。アメリカだと薬局などにも置かれ、認知度も高いものですが日本ではまだ馴染みがありません。水のみで歯磨きをした後にテープを貼り、30分ほど経ったら剥がすというものです。

 

2-2 歯磨き粉

アメリカ製の歯磨き粉の中には、歯医者さんで使うようなホワイトニング剤が配合されていて、1度で効果を感じられるという製品もあります。

3.これは間違っている?NGケア

NGhttps://shinbi.empower-column01.com/wp-content/uploads/2016/11/pixta_17019208_M-300x225.jpg 300w, https://shinbi.empower-column01.com/wp-content/uploads/2016/11/pixta_17019208_M-768x576.jpg 768w, https://shinbi.empower-column01.com/wp-content/uploads/2016/11/pixta_17019208_M-30x23.jpg 30w, https://shinbi.empower-column01.com/wp-content/uploads/2016/11/pixta_17019208_M-285x214.jpg 285w, https://shinbi.empower-column01.com/wp-content/uploads/2016/11/pixta_17019208_M-282x212.jpg 282w" sizes="(max-width: 1024px) 100vw, 1024px" style="border-style: initial; border-color: initial; border-image: initial; font-style: inherit; font-variant: inherit; font-weight: inherit; font-stretch: inherit; font-family: inherit;">

3-1 歯をゴシゴシ磨く

力を入れてゴシゴシ磨けば汚れは落ちそうですが、強く歯ブラシの毛先を押し当てることで毛先自体が寝てしまって汚れがうまく落ちない、ムラになるなど問題が起きます。また、強い摩擦が起きることで歯面を覆うエナメル質を削りとってしまい、より着色がつきやすい状態になることもあります。

効果的な歯磨きのために、良いと言われる歯ブラシの圧力はわずか200gです。これは毛先が歯面に少し触れる程度です。当てる時もブラシの毛先が曲がらなくらいの力をかけるようにしましょう。

3-2 重曹で歯磨きをする

重曹は油汚れを落としやすくするため、お掃除などにも使われますが、強い研磨作用があります。ゴシゴシ強く擦ることで歯のエナメル質が剥げてしまう可能性があります。ですが、重曹を溶かしたお水で口をゆすぐ程度であれば問題ありません。

3-3 レモンで歯を擦る

歯磨き後にレモンを擦りつけることで歯が白くなるというウワサがありますが、レモンの酸は歯の表面を覆うエナメル質を溶かしてしまう働きがありますのでやめましょう。

3-4 バナナの皮で歯を擦る

ホワイトニングの方法でバナナの皮を擦りつけると白くなるというウワサもありますが、これについても確証のない方法です。またレモンと同じようにバナナの皮に含まれたフルーツ酸が歯のエナメル質を溶かすリスクも否定出来ないのでおすすめ出来ません。

3-5 激落ちくんで擦る

激落ちくんというのは水をつけて擦ることで汚れや垢が落とせるというメラミンスポンジのことです。メラミンスポンジ自体柔らかくて歯を傷つけなさそうですが、実は硬い素材で研磨する働きがあります。そのため劇落ちくんで擦っていると歯のエナメル質を剥がし、細かい傷をつけて着色しやすくなることもあるのです。メーカーの説明にも「人体には使用しないでください」とあります。

4.まとめ

ホワイトニングhttps://shinbi.empower-column01.com/wp-content/uploads/2016/11/pixta_10451609_M-300x200.jpg 300w, https://shinbi.empower-column01.com/wp-content/uploads/2016/11/pixta_10451609_M-768x512.jpg 768w, https://shinbi.empower-column01.com/wp-content/uploads/2016/11/pixta_10451609_M-30x20.jpg 30w, https://shinbi.empower-column01.com/wp-content/uploads/2016/11/pixta_10451609_M-304x203.jpg 304w, https://shinbi.empower-column01.com/wp-content/uploads/2016/11/pixta_10451609_M-282x188.jpg 282w" sizes="(max-width: 1024px) 100vw, 1024px" style="border-style: initial; border-color: initial; border-image: initial; font-style: inherit; font-variant: inherit; font-weight: inherit; font-stretch: inherit; font-family: inherit;">

自宅で簡単に歯を白くする方法は様々な種類があります。ネットで検索をするとたくさんあり過ぎてどれが良いか迷ってしまいますよね。しかし気をつけないと中には間違った情報もあります。特に自宅でケアをする場合、歯医者さんなど専門的なアドバイスがないため、気をつける必要があります。

間違ったNGケアを続けていることで、よりステインがつき、歯茎や歯にダメージを与える行為ともなりかねません。特にホワイトニングの薬剤を自己責任で使った場合、虫歯や知覚過敏の痛みを引き起こす可能性もありますので、歯医者さんで診察をしてもらってから自宅ケアをおこなうことをおすすめします。


【超おすすめ】自宅で簡単WEBダイエット!



こんにちわ!今日は今まさに実践中のWEBダイエットについて詳しくお話していきたいと思います!
そもそも、WEBでダイエットが成立するのかというところと、半信半疑かもしれませんが、以前81キロあだだ自分が約20キロのダイエットに成功したこともあり、自信を持ってお勧めできる新感覚のダイエット法です!
LINEでのやり取りもでき、毎日そこでトレーナーさんからのアドバイスや、意見を頂きながら頑張ってます(^ω^)
食事管理から運動の仕方、モチベーションの上げ方まで全てサポートしてくれるので、じぶんでかんがえつつもちゃんと頼れて、段々と痩せていく、綺麗になる!!を叶えてくれます😆


現在応募かかなり集中しているようなので、お早めに使用してみてはいかがでしょうか??

後悔しない、負けない、でも楽チンにダイエット出来てしまう、自分に自信がついていくのがわかります(╹◡╹)

確実に痩せたいならWEBダイエットをお勧めします(╹◡╹)!!
やるだけやってみるのもまた人生。

今からウェブダイエットを始めてみませんか?
自分の健康のために
私は、強くおすすめします。


















歯を白くする方法がある?自宅で簡単に歯を白くする方法と歯医者でやる方法

歯を白くする方法がある?自宅で簡単に歯を白くする方法と歯医者でやる方法https://www.verygood.la/wp-content/uploads/2020/04/ee5d635bba7242c009483891178e858a-300x200.jpg 300w, https://www.verygood.la/wp-content/uploads/2020/04/ee5d635bba7242c009483891178e858a-75x50.jpg 75w" sizes="(max-width: 1024px) 100vw, 1024px" style="border-style: initial; border-color: initial; border-image: initial; vertical-align: bottom;">

目次

歯を白くする方法はどんなものがあるか、ご存知ですか?気づいたら歯が黄ばんでいる、歯の着色が気になるから白くしたいと思うことってありますよね。そこで今回は、自分で簡単に歯を白くする方法や歯医者で歯を白くする方法などをご紹介していきます。歯を白くするときの注意点も併せてチェックしていきましょう。

歯を白くする方法の前に…歯の着色の原因

歯を白くする方法の前に…歯の着色の原因https://www.verygood.la/wp-content/uploads/2020/04/ac_1549943_m-300x200.jpg 300w, https://www.verygood.la/wp-content/uploads/2020/04/ac_1549943_m-75x50.jpg 75w" sizes="(max-width: 1024px) 100vw, 1024px" style="border-style: initial; border-color: initial; border-image: initial; vertical-align: bottom; clear: both; margin: 20px auto; display: block; width: auto;">

歯を白くする方法の前に、歯の着色の原因を見ていきましょう。歯が黄ばんでいる人、黒ずんでいる人など、それぞれ原因があります。

ステイン(着色汚れ)

歯の表面にある「ペリクル」という薄い膜が、食べ物などの色素を歯にくっつける働きを持っていて、歯の着色の原因になることも。よく聞くステインとは、この、歯の表面に食品の色素がくっついてしまう着色汚れのことを指します。
煙草を吸っていたり、コーヒーをよく飲んでいたり、チョコをたくさん食べていたりすると、その色素が歯の表面につき、黄ばみの原因になります。

歯の神経が死んでいる

怪我などが原因で歯の神経が死んでしまうと、その歯の色が変わります。黒ずんで見えるため、歯を白くしたいと思う人も多いでしょう。こちらは自力で歯を白くするのではなく、歯医者で治すことができるかもしれません。

年齢による歯の黄ばみ

人間は加齢と共に歯が黄ばんでいく傾向にあります。歯の表面にはエナメル質という、半透明の白色物質があるのですが、これは毎日少しずつ削れていってしまいます。そのため、年を重ねるごとに歯の中の象牙質が透けてみえやすくなってしまうのです。

虫歯を放置していた

歯の病気でよくある虫歯。もし、虫歯を放置していたら、歯が黄ばむ原因になります。虫歯になると菌の成分により、歯のエナメル質が溶けていきます。これがさらに進行すると、虫歯になった歯は黒く変色していってしまうのです。虫歯の進行度によっては、歯の神経が死んでしまうこともあるので気をつけましょう。

歯を白くする方法はある?

歯を白くする方法はある?https://www.verygood.la/wp-content/uploads/2020/04/ac_3218315_m-300x200.jpg 300w, https://www.verygood.la/wp-content/uploads/2020/04/ac_3218315_m-75x50.jpg 75w" sizes="(max-width: 1024px) 100vw, 1024px" style="border-style: initial; border-color: initial; border-image: initial; vertical-align: bottom; clear: both; margin: 20px auto; display: block; width: auto;">

それでは、黄ばんでしまった歯を白くする方法はあるのでしょうか?ここでは自宅でできる歯を白くする方法をご紹介します。
(歯医者でできる歯を白くする方法は記事の後半をご確認ください)

ホワイトニング用の歯磨き粉

まず、歯を白くする方法として知られているのが、ホワイトニング用の歯磨き粉です。普段の歯磨きにホワイトニング用の歯磨き粉を使うだけの、簡単なやり方です。
ホワイトニング用の歯磨き粉は効果を感じる人と感じない人に分かれるため、確実に歯が白くなる方法とは言えません。ですが、手軽に始められるため、まずは歯を白くする方法の第一歩として使ってみるのもいいですね。

歯を白くする消しゴム

歯を白くする方法には、消しゴムを使う方法もあります。歯を白くする消しゴムとは、文房具の消しゴムのように歯の表面についた汚れを擦って落とすグッズです。ステインが気になる人におすすめの歯を白くする方法になります。ただし、強く擦ると歯の表面を削りすぎるので注意が必要です。

歯を白くするマニキュア

歯を白くする方法には、マニキュアもあります。これは、爪に塗るマニキュアと同じように、歯専用の白くなるマニキュアを塗って綺麗に見せる方法になります。ムラができないように素早く塗って乾かすことで、短時間で歯を白くすることができます。市販でも歯専用のマニキュアは売られているため簡単に試すことができますが、マニキュアが剥がれやすいというデメリットもあります。

ホワイトニングペン

歯を白くするマニキュアの他に、ホワイトニングペンというものもあります。これも歯に塗るタイプのグッズで、歯を磨く前にホワイトニングペンを使うことで歯を白くしていくようです。歯に塗るだけなので簡単に使うことができます。

重曹

歯を白くする方法として、いつもの歯磨きに重曹をプラスして使う方法もあります。重曹を使う方法は、特別な準備もいらず、専用の歯を白くするグッズを用意する必要もないので、手軽に始められるでしょう。ただ、重曹で歯が白くなったと感じる人、効果がないと感じる人など、口コミでの人気は分かれます。また、重曹で歯を白くする方法は歯を削ることになるのでおすすめしないという意見、やるとしてもごく少量でという意見もあります。

やってはいけない自分で歯を白くする方法

やってはいけない自分で歯を白くする方法https://www.verygood.la/wp-content/uploads/2020/04/ac_1439307_m-300x200.jpg 300w, https://www.verygood.la/wp-content/uploads/2020/04/ac_1439307_m-75x50.jpg 75w" sizes="(max-width: 1024px) 100vw, 1024px" style="border-style: initial; border-color: initial; border-image: initial; vertical-align: bottom; clear: both; margin: 20px auto; display: block; width: auto;">

自分で歯を白くする方法は色々ありますが、やってはいけない方法もあります。ここでは、注意したい、自分で歯を白くする方法をチェックしていきましょう。

アルミホイルと重曹で歯を白くする方法

重曹で歯を白くする方法があるとご紹介しましたが、重曹だけでなくアルミホイルも使った歯を白くする方法も知られています。確かに重曹は効果的ですが、アルミホイルを使った方法はNGです。重曹はほんの少しだけ歯磨き粉に混ぜて、優しく歯を擦るだけにしてください。重曹と塩を歯磨き粉に混ぜて、歯に塗ったあと、アルミホイルで歯をパックして放置してから歯磨きするという方法は歯を余計に傷つけてしまう可能性があるのでやらないようにしましょう。

有吉ゼミで知った?いちごで歯を白くする方法

有吉ゼミで話題と言われている歯を白くする方法をご存知ですか?実際にはレディース有吉という噂を検証する番組の中で取り上げられた方法ですが、そのひとつに「いちごで歯を白くする方法」というのがありました。
いちごは強い酸性の果物なので、その酸が歯についた汚れを溶かしてくれるという方法ですが、歯のエナメル質も溶かしてしまう可能性があります。食べ物として優秀ないちごですが、あえて歯磨き用に使うのは避けた方がいいかもしれません。

中学生で歯を白くする方法

中学生で歯を白くする方法https://www.verygood.la/wp-content/uploads/2020/04/ac_94893_m-300x200.jpg 300w, https://www.verygood.la/wp-content/uploads/2020/04/ac_94893_m-75x50.jpg 75w" sizes="(max-width: 1024px) 100vw, 1024px" style="border-style: initial; border-color: initial; border-image: initial; vertical-align: bottom; clear: both; margin: 20px auto; display: block; width: auto;">

中学生になって歯を白くする方法が気になり始めた場合、ホワイトニングするのは少し待った方がいいでしょう。中学生の歯は、まだ完全な大人の歯ではありません。若い大人の歯への影響がまだわからないため、ホワイトニングは18歳以上になるまでやらない方がいいでしょう。ただ、どうしても中学生で歯を白く見せたい場合は、歯専用のマニキュアがあるので、使ってもいいか歯医者さんで相談してみましょう。

歯を白くする市販の歯磨き粉ランキング

歯を白くする市販の歯磨き粉ランキングhttps://www.verygood.la/wp-content/uploads/2020/04/ac_513967_m-300x200.jpg 300w, https://www.verygood.la/wp-content/uploads/2020/04/ac_513967_m-75x50.jpg 75w" sizes="(max-width: 1024px) 100vw, 1024px" style="border-style: initial; border-color: initial; border-image: initial; vertical-align: bottom; clear: both; margin: 20px auto; display: block; width: auto;">

歯を白くする方法の中でも、毎日続けやすいのが市販のホワイトニング用歯磨き粉を使った方法です。いつもの歯磨き粉をホワイトニング用に変えるだけなので、めんどくさがりな人は試してみましょう。ここでは、市販のホワイトニング用歯磨き粉のおすすめをランキング形式でご紹介します。

5位:クリアクリーン プレミアム 歯質強化

花王のクリアクリーンから「クリアクリーン プレミアム 歯質強化」の歯磨き粉が出ています。1450ppmの高濃度フッ素が配合されており、歯のエナメル質の修復を促してくれます。また、歯の耐酸性を高めて歯質を強化することで、虫歯予防にも繋がります。大人の歯磨きにおすすめの市販の歯磨き粉で、ランキングに選びました。

歯を白くする市販の歯磨き粉ランキング歯を白くする市販の歯磨き粉ランキング-2
↑画像をクリックするとAmazonサイトに飛びます↑

4位:ハイインパクト ホワイト

コルゲートの「ハイインパクト ホワイト」は歯を白くしたい人に向けての、ホワイトニング用歯磨き粉になります。アメリカで宣伝されている歯磨き粉ですが、日本でも口コミ評価が多く集まっていることから市販のホワイトニング用歯磨き粉としてランキングにピックアップしました。ただ、少し刺激を感じる人、知覚過敏だから使いづらいという人もいるため、マイルドな使い心地を求める人には合わないかもしれません。

歯を白くする市販の歯磨き粉ランキング-3歯を白くする市販の歯磨き粉ランキング-4
↑画像をクリックするとAmazonサイトに飛びます↑

3位:オーラツー ステインクリアペースト

サンスターの「オーラツー ステインクリアペースト」は、歯のステインを落としてくれる歯磨き粉です。ポイントは、大きいサイズのサポートシリカ(清掃剤)と、2タイプの小さいサイズの高清掃シリカが配合されているトリプルクレンズ処方で、この3つの成分が歯の着色汚れを落としてくれます。さらにステインコントロール成分がステインをつきにくくしてくれるので、市販のホワイトニング用歯磨きとしておすすめのため、ランキング入りです。

歯を白くする市販の歯磨き粉ランキング-5歯を白くする市販の歯磨き粉ランキング-6
↑画像をクリックするとAmazonサイトに飛びます↑

2位:クリーニングジェルソフト

コンクールの「クリーニングジェルソフト」は、歯の着色汚れを吸着して除去するホームケアクリーニング剤です。高機能シリカが歯の表面のステインを吸着して除去し、さらに歯磨き粉に配合されているキレート成分が再び着色汚れがつかないよう予防してくれます。週に1~2回のスペシャルデンタルケアにおすすめです。

歯を白くする市販の歯磨き粉ランキング-7歯を白くする市販の歯磨き粉ランキング-8
↑画像をクリックするとAmazonサイトに飛びます↑

1位:アパガードリナメル

オーラルケアの「アパガードリナメル」は、ナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイトを配合し、歯の表面についた傷を修復してくれる歯磨き粉です。更に、歯にミネラルを補給してくれます。歯垢や着色汚れを除去してくれるだけでなく、歯磨きのあとにはつきにくくして、虫歯も予防してくれますよ。口コミの評判の上々のため、市販のホワイトニング用歯磨き粉としてランキング上位に選びました。

歯を白くする市販の歯磨き粉ランキング-9歯を白くする市販の歯磨き粉ランキング-10
↑画像をクリックするとAmazonサイトに飛びます↑

歯医者で歯を白くする方法

歯医者で歯を白くする方法https://www.verygood.la/wp-content/uploads/2020/04/ac_1592001_m-300x200.jpg 300w, https://www.verygood.la/wp-content/uploads/2020/04/ac_1592001_m-75x50.jpg 75w" sizes="(max-width: 1024px) 100vw, 1024px" style="border-style: initial; border-color: initial; border-image: initial; vertical-align: bottom; clear: both; margin: 20px auto; display: block; width: auto;">

自分で歯を白くする方法以外に、歯医者で歯を白くする方法があります。歯医者で歯を白くする方法は主に「ホームホワイトニング」「オフィスホワイトニング」、そしてその2つをセットにしたホワイトニングコースがあります。

オフィスホワイトニングは歯医者で施術してもらい、短期間で効果が期待できるタイプのホワイトニングです。
ホームホワイトニングは、歯医者の指導のもと、自分で家でケアする方法になります。オフィスホワイトニングより時間がかかるという違いがあります。

この2つをセットにしたスペシャルなコースも歯医者によってはあり、オフィスホワイトニングをしたあとにホームホワイトニングで歯を白くする方法です。短期間で効果を期待でき、さらにホームホワイトニングで歯の白さを持続させていくためのケアを行います。

歯のホワイトニング効果はいつまで?

歯のホワイトニング効果はいつまで?https://www.verygood.la/wp-content/uploads/2020/04/ac_3092661_m-300x200.jpg 300w, https://www.verygood.la/wp-content/uploads/2020/04/ac_3092661_m-75x50.jpg 75w" sizes="(max-width: 1024px) 100vw, 1024px" style="border-style: initial; border-color: initial; border-image: initial; vertical-align: bottom; clear: both; margin: 20px auto; display: block; width: auto;">

ここまで歯を白くする方法をご紹介してきましたが、歯のホワイトニングの効果はいつまで続くのでしょうか?
歯専用のマニキュアの効果期間は短いと言われています。剥がれやすく、定期的なケアが必要です。
また、ホームホワイトニングの効果は約1年、オフィスホワイトニングの効果は約3か月~6か月、続くと言われています。
ただ、どの方法でも自分の生活習慣などによって、効果が続く期間が変わると思っていいでしょう。

歯を白くする方法のあとは予防対策

歯を白くする方法のあとは予防対策https://www.verygood.la/wp-content/uploads/2020/04/ac_2908857_m-300x212.jpg 300w, https://www.verygood.la/wp-content/uploads/2020/04/ac_2908857_m-75x53.jpg 75w" sizes="(max-width: 1024px) 100vw, 1024px" style="border-style: initial; border-color: initial; border-image: initial; vertical-align: bottom; clear: both; margin: 20px auto; display: block; width: auto;">

歯を白くする方法をとって、自分にとって理想的な歯になったら、今度はその歯の状態を持続できるように予防していきましょう。

ステイン予防

ステイン予防には、着色汚れの原因となる食品などをあまり摂らないようにするのがおすすめです。せっかく歯を白くする方法を取っていても、日常的にコーヒーを飲み、チョコレートを食べ、たばこを吸っていたら、なかなか効果は感じられないでしょう。合成着色料を含む食品やポリフェノールを多く含む食品は控えるようにし、もし食べてしまっても早めにうがいや歯磨きをして予防するといいですよ。

歯の表面を傷つけないようにする

歯の表面を傷つけるとそこに汚れが溜まりやすくなってしまうため、歯磨きをするときは優しく擦るようにしましょう。また、研磨剤が多く含まれている歯磨き粉や塩などを使用すると歯の表面を傷つけることがあるので注意してください。

虫歯予防をする

歯の黄ばみは虫歯も原因のひとつでしたよね。なので、虫歯予防も忘れずに行いましょう。毎日歯磨きをするのはもちろん、口の中が乾燥していない状態(唾液がある状態)を保つのが好ましいです。こまめに水分をとったり、ご飯を食べるときはよく噛んだりするといいですよ。

まとめ

今回は歯を白くする方法をまとめてみました。歯を白くする方法には自分でできること、歯医者でできることと分かれています。自分の歯の状態をチェックして、ホワイトニング用の歯磨き粉を使ってみたり、歯医者へ相談しに行ったりしましょう。自分で簡単にケアできることもあれば、効果が感じられないこともあります。「これは絶対に歯が白くなる方法だ!」というのはないので、無理はせず、自分に合った方法を見つけてみてください。

プロフィール

ふじーちゃん

Author:<%ふじーちゃん_name>
美容,健康、ダイエットにとても興味があります!
美容レビューや健康に役立つ方法、ダイエットに役立つ情報を投稿します!
共感できる場合はお気軽にコメントをお願いします^_^
もし趣味やダイエットについて有益な情報がありましたら皆様と共有できたら嬉しいです(*´∀`)♪

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

最新記事 (サムネイル付)

自宅で簡単に歯を白くする方法5選・NGケアまとめ Sep 18, 2020
09/17のツイートまとめ Sep 18, 2020
【超おすすめ】自宅で簡単WEBダイエット! Sep 17, 2020
歯を白くする方法がある?自宅で簡単に歯を白くする方法と歯医者でやる方法 Sep 17, 2020
09/14のツイートまとめ Sep 15, 2020

アルバム

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

筋トレ 美容健康 おすすめダイエット情報

http://fujii1018.livedoor.blog/

筋トレ 美容健康 おすすめダイエット情報

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR